岩舟町の特産品(いわふねブランド)はみかも焼き、ねぎキムチ、ぶどう、いちご、梨など。認定商品は「コスもん」が目印です。

岩舟町の特産品 いわふねブランド

いわふねブランド ロゴ岩舟町認定の特産品「いわふねブランド」は、このコスもんシールが目印です!
コスもんは、岩舟町の町花「コスモス」と「ギリシア語」で宇宙の意味を持ち、岩船山で西遊記のロケが行われた時のイメージから誕生した岩舟町のキャラクターです。
町内のイベント等に出演し、いわふねブランドのPR活躍もしています。

特産品 いわふねブランド

岩舟町の特産品、どれもいわふねを誇る逸品です。

みかも焼き

みかも焼き いわふねブランド

古く万葉の東歌にうたわれた三毳(みかも)山の麓。
根っからの土職人である窯主が、到底機械の作り出す繊細で華麗な焼き物とはひと味違う、炎と土の闘いの後に、祖父から受け継いだ土根性一筋の焼き物…
それがみかも焼です。

みかも焼 小楢窯(企業情報へリンク)
所在地 栃木県下都賀郡岩舟町大字静2147
電話番号 0282-55-3939
FAX 0282-55-7378

ねぎキムチ

ねぎキムチ いわふねブランド

産地契約のネギ(白身が長く辛さが少なく甘味のあるネギ)を使用し、ネギの辛みをほどよく調整しサラダ感覚の仕上がりでさっぱり味の商品です。

ねぎキムチ いわふねブランド ねぎキムチ
品名 しょうゆ漬
内容量 130g
賞味期限 15日 ※要冷蔵
(有)川清商店(企業情報へリンク)
所在地 栃木県下都賀郡岩舟町大字静3927-3
電話番号 0282-55-1538
FAX 0282-55-6541

く〜べ Iwafune

くーべ いわふねブランド

「くーべ」とは岩舟町の方言で「食べよう」という意味です。

岩舟町特産の巨峰をブランデーに漬け込み、アーモンドを使ったバター生地に入れて焼き上げました。形は岩舟の舟をイメージしています。
「く〜べ」が岩舟町の新しい銘菓として皆さまに末永く御愛好頂けましたら幸いです。

品名 バターケーキ
内容量 70g
賞味期限 20日 ※常温保存
エド・オータヤ(企業情報へリンク)
所在地 栃木県下都賀郡岩舟町大字鷲巣59-5
電話番号 0282-55-2134
FAX 0282-55-3862

いちご便り

いちご便り いわふねブランド

岩舟町特産のイチゴを饅頭の皮に練り込んだ淡い苺色した和菓子です。ぶどうの季節には、ぶどうバージョンの「ぶどう便り」も発売予定。

品名 饅頭
賞味期限 3日 ※常温保存
日進堂菓子舗(企業情報へリンク)
所在地 栃木県下都賀郡岩舟町大字静37
電話番号 0282-55-2133

岩舟町の特産果物

ぶどう 5月〜10月

ぶどう 岩舟町の特産品ブドウの生産は古く、今から50年ほど前に、山梨県から苗木を取り寄せて植えたのが始まりで、“巨峰”を中心に100haほどの作付けが行われ、生産量は県下一で粗生産額は約11億円。

いちご 12月〜5月

いちご 岩舟町の特産品全国的に知名度の高い“女峰”や“とちおとめ”を主に、出荷しています。“女峰”は甘酸っぱい香りが特徴で広く好まれている品種です。
また“とちおとめ”は女峰と豊の香の交配種で最近需要が高まっています。いちごの生産額は約1億円。

なし 8月〜10月

なし 岩舟町の特産品秋の味覚のひとつ“梨”。秋風と共にほんのり甘い梨の香りが漂ってきます。大正時代から始まった梨の栽培も今では町の主要作目のひとつになっています。
“幸水”や“豊水”が主流です。
【お問い合わせ】
JAしもつけ 電話番号0282-55-3211

お買い物は、みかも山岩舟特産館へ


みかも山公園にある特産館は、人気の高いとちぎ花センターに隣接し、みかも山公園東駐車場内(とちぎ花センター南隣)に平成10年4月にオープンしました。特産館では、町の特産品等が販売されています。

みかも焼、漬物、地酒、和菓子、漬け物など 園芸用品、苗・鉢物、その他グッズを豊富に揃えております。

営業時間
通常 水〜月曜:AM9:00〜PM5:00
冬期(12月〜2月) AM9:00〜PM4:30
定休日 火曜日
電話番号 0282-55-5885
このページのトップに戻る